【法務担当者必見!】コーポレート・ガバナンスの基本ルール

カテゴリ:お役立ち資料 投稿日: 2017.9.6 tag: , ,

企業統治と訳されるコーポレート・ガバナンスは、長期的な視野で企業価値を向上させるために不可欠な、企業活動の監視体制のことを指しています。上場審査等の場面で整備が求められる一方、近年の大企業の不祥事等で取り沙汰され、各企業のコーポレート・ガバナンスは見直しと拡充が迫られています。

そこでsomu-lierでは、法務担当者に向け、コーポレート・ガバナンスの基本ルールについて、マニュアルを作成しました。今回は、マニュアルの一部を紹介します。

 

コーポレート・ガバナンスとは

「コーポレート・ガバナンス」とは、「会社が、株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等の立場を踏まえた上で、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組み」と定義されています。

東証一部・二部、マザーズ、JASDAQのすべてにおいて企業のコーポレート・ガバナンスが重視されており、適切な整備が求められています。

 

コーポレートガバナンス・コード

2015年にまとめられた日本版「コーポレートガバナンス・コード」は、企業が行うべき、下記のような様々な原則を取り決めています。

  • 株主の権利・平等性の確保
  • 株主以外のステークホルダーとの適切な協働
  • 適切な情報開示と透明性の確保
  • 取締役会の責務
  • 株主との対話

マニュアルでは、コーポレートガバナンス・コードに取り上げられた5つの「基本原則」、30の「原則」、38の「補充原則」について、また企業の中長期的な成長にかかわる経営指標に関して、詳しく解説しています。

 

マニュアルの内容を詳しく知りたい方は…

コーポレート・ガバナンスマニュアルは、下記からダウンロードできます。本資料をぜひ参考にして、コーポレート・ガバナンスを拡充させましょう!

 

 

こちらも読まれています:

*somu-lier(ソムリエ)では書き手を募集しています。
この記事が気に入ったら いいね!しよう
somu-lierから最新の情報をお届けします

この記事に関連する記事