テレワーク支援サービスで快適に!NURO 光 で生産性、従業員の満足度が向上します

カテゴリ:総務のおいしい話 tag: ,
公開日:2021.5.10

テレワークが常態化した昨今、企業側が従業員のテレワーク環境を整備するのが当たり前の時代になりました。自宅で作業をする際にも、オフィスで働く時と同様の生産性を発揮できる環境作りが求められます。特にWEB会議が頻繁に行われる今、高品質の通信回線は必須です。今回は、2021年3月にリリースした、従業員用のテレワーク回線「NURO 光 テレワーク支援サービス」を紹介します。

テレワークにおけるネット環境の課題点

テレワークで快適に仕事を行うためにはネット環境の整備が重要です。現在では多くの家庭でインターネット回線が導入されているものの、実際にテレワークで業務をしてみると、さまざまな課題を感じた方も多いのではないでしょうか。
まず、安定した通信速度の確保をしなければなりません。テレワークではオンラインの会議やクラウドサービスの利用など、一般家庭の使用に比べ通信負荷がかかる場面が多いといえます。不十分なネット環境では、途中で通信が途切れたり、速度に制限がかかったりするケースも目立ちます。取引先とのオンライン商談が、ネット環境が原因で中断するなどは避けたいものです。
次に、セキュリティ対策も重要な課題です。プライベートにおける利用とは異なり、業務では機密性の高い情報を扱います。テレワークのセキュリティ不備を突いたサイバー攻撃も確認されており、セキュリティの強化は欠かせません。個人情報流出などの事故を未然に防ぐためにも、テレワークではセキュリティ対策に配慮したネット環境の構築が必要でしょう。

関連記事:
【バックオフィス担当者必見】テレワーク導入・運用のいろは
テレワークに最適なインターネット環境の整備方法・選定ポイントとは?
総務とは何か? 総務部の具体的な仕事内容と理想像に迫る

 

NURO 光 テレワーク支援サービスとは

NURO 光 テレワーク支援サービスの概要

NURO光テレワーク支援サービスは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する高速光回線サービスです。このサービスは、テレワークを行う従業員のネットワーク回線の整備を企業が支援できるようにする目的で誕生しました。2021年3月31日にリリースされており、アフターコロナの新しい働き方に対応するソリューションとして期待されています。

提供サービス

下り最大2Gbps/上り最大1Gbpsの個人宅向け光回線サービスが提供されます。高速無線LANも標準装備されており、高速で、かつ、快適な通信環境を整備することが可能です。また、セキュリティ機能も搭載されているため、テレワーク中の情報流出を心配する必要もありません。さらに、従業員の入退職によるサービス利用状況や、請求書の内容が簡単に確認できる、企業向けの管理画面も用意されており、利便性にも優れています。

料金

初期費用および月額基本料金は以下のようになります。それぞれの料金は企業が支払う従業員1人あたりの価格です。

  • 初期費用: 22,000円
  • 月額基本料金: 5,217円

提供エリア

提供エリアは以下のとおりで、NURO 光 G2V/G2と同様です。

  • 北海道
  • 関東1都6県 (東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県)
  • 東海4県 (愛知県・静岡県・岐阜県・三重県)
  • 関西2府3県 (大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県)
  • 九州2県 (福岡県・佐賀県)

 

NURO 光 テレワーク支援サービスの特徴

導入ハードルが低い

NURO 光 の通常プランと比較しても、NURO 光 テレワーク支援サービスは導入ハードルが高くありません。契約期間の縛りがなく、契約解除料も無料です。さらに、基本工事費も0円のため、企業は気軽に導入することができます。従業員のテレワーク環境をスムーズに構築したい企業にはぴったりのサービスといえるでしょう。

従業員は月額基本料金0円

NURO 光 テレワーク支援サービスに申し込む場合、企業とソニーネットワークコミュニケーションズが契約を結ぶことになります。企業が料金を負担することで、従業員がテレワークなどで使用する光回線を無料で利用できるようになります。従業員に対し、自宅のインターネット回線を高品質なものに取り換えるようにとは、なかなか言えませんが、NURO 光 テレワーク支援サービスに申し込めば、高品質なインターネット回線を従業員に提供し、円滑なテレワーク業務を行わせることが可能です。

高いサービス品質

NURO 光 テレワーク支援サービスは、国際標準規格であるGPONと、NURO光用に開発されたホームゲートウェイが備わっているため、高速で安定した通信速度を実現することが可能です。オンライン会議やクラウドを使用する場合などの、大容量のデータを使うコンテンツの作業も快適に行うことが可能です。

 

NURO 光 テレワーク支援サービスの導入メリット

生産性向上

通信品質改善による生産性向上が期待できます。テレワークで効率的な作業を行うためには、高品質な通信環境の整備が欠かせません。接続が安定しなかったり、通信速度が遅かったりすると、従業員の生産性にも影響します。NURO 光 テレワーク支援サービスであれば、最高品質のネットワーク環境が実現できるので、オフィスにいるときと同様に、快適に仕事を行うことができます。また、 従業員の自宅のONUが統一化されることにより、従業員のインターネット接続に関するIT部門としての支援が容易になります。

従業員満足度向上

快適な通信環境が整備され、かつ、費用も企業によって負担されれば、従業員満足度の向上に繋がるでしょう。テレワークの環境整備が不十分で、満足な仕事を行えない状況では、従業員はストレスが溜まってしまいます。さらに、従業員の通信費用の負担を、在宅勤務手当などでカバーしきれない場合、企業に対する不満に繋がる可能性があります。NURO 光 テレワーク支援サービスの導入は、在宅勤務手当として従業員満足度を向上させる効果もあるのです。

企業イメージアップ

テレワーク環境整備を、企業が率先して取り組むことは、企業のイメージアップにも繋がります。新型コロナウイルス感染症流行の影響で、企業にはさまざまな対応が求められており、テレワークの推進もその一つです。優れた通信環境を従業員に提供できるということは、福利厚生の充実といっても良いでしょう。このように、従業員のために便利なサービスを導入する企業は、イメージ向上が期待できるでしょう。

 

サービス提供開始までの流れ

企業がすること

まず、企業はサービスについて問い合わせ、契約内容についての説明を受けます。自社の状況に適合するか、導入によってメリットがあるかなどをよく検討し、契約するかどうか判断します。対象の従業員に対してサービス概要や導入の流れを説明することも大切です。その後は料金の支払いのみで、サービスの利用が開始できます。

従業員がすること

従業員側は、開通工事と請求切り替え処理を実施する必要があります。これらの工事や手続きが完了すれば、インターネットの利用を開始することができます。ただし、エリアなどの条件によっては、使用できない場合や、工事会社の混雑状況によっては開通までに時間がかかる場合があるので確認しましょう。

関連記事:
従業員満足度をリアルタイムで把握する、パルスサーベイの効果とは
働きやすい職場づくりに役立つWeb会議ツール3選!
勤怠管理システムはどれを選べばいい? サービスを比較してみました!

 

まとめ

コロナ禍を起点としたテレワークへの強制的な環境変化も、2020年4月の緊急事態宣言発令から1年が経過しました。
各企業は、本状況を乗り越えるために暫定処置を講じてきました。長期化するテレワークに対して、企業は恒久的な施策の定義が求められています。
人材採用市場においては、テレワークが可能な企業への就職を希望するニーズが出てきていることなど、暫定処置から将来を見据えた恒久対応を検討するにあたり、
NURO 光 テレワーク支援サービスは、企業としての恒久対応の選択肢の一つになるのではないでしょうか。

こちらも読まれています:

*somu-lier(ソムリエ)では書き手を募集しています。
この記事が気に入ったら いいね!しよう
somu-lierから最新の情報をお届けします

この記事に関連する記事