社員のやる気を調査!モラールサーベイ(従業員意識調査)を実施しましょう

カテゴリ:総務のおいしい話 投稿日: 2017.11.8 tag: , ,

「モラールサーベイ(従業員意識調査)」は、社員の満足度などの意識について、科学的に調査分析する手法です。一般に従業員満足度(ES)は会社の生産性に直結すると認識されており、その現状を把握することは、将来的な会社の生産性向上につながります。今回は、モラールサーベイを実施して得られる効果や注意点について、実際の活用事例と共に解説します。

モラールサーベイとは

モラールサーベイとは、職場内の社員がどれほど満足しているかなどの意識を、産業心理学や統計学などの科学的手法を用いて、調査、分析する調査手法です。「意識調査」や「従業員意識調査」、「社員満足度調査」とも呼ばれています。

関連記事:
従業員満足度(ES)を高め、企業の競争力を強化しましょう!

 

モラールサーベイの方式

モラールサーベイにはウェブやインターネットを使う方法やインタビュー、そして紙媒体で行うものなど、いくつかの形式があります。

NRK方式

NRK方式で対象となるのは大企業です。調査の範囲は「労働条件」、「人間関係」、「管理」、「行動」、「自我」と、働く意欲に関わる5つの要因で、また各会社の要望に合わせ、オプションが用意されています。

厚生労働省方式

反対に、中小企業を対象とするものを厚生労働省方式といい、社員意識調査(NRCS)とも呼ばれます。「仕事」「給料」「上司」など会社全般に関わる、社員の潜在的意見を調査するものです。

 

モラールサーベイで得られる効果

モラールサーベイによって社員の意識を調査することで、職場としては以下のような効果を得ることができます。

  • 生産性の向上
    会社が社員の意見に耳を傾けること自体が、社員に帰属意識を与え、社員のやる気や満足度、生産性を向上させることができます。また、モラールサーベイを通して社員の抱える問題を把握し、解決することで、職場環境の改善にもつながります。
  • 会社の問題点を客観的に把握できる
    モラールサーベイを用いることで、会社内の問題点を社員目線で把握することができます。賃金体系や労働時間に関する問題など、管理者側のみでは把握できない問題点が、社員からのヒアリングで見えてくる場合があります。
  • コミュニケーションの機会になる
    モラールサーベイは、経営陣と社員のコミュニケーションツールとなります。普段はコミュニケーションを取ることが少ない両者の考え方を共有させることは、社員の意欲を引き出す上で有効な手法です。
  • 他社との比較ができる
    一般社会法人日本労務研究会などが提供するモラールサーベイでは、過去の膨大なデータが蓄積されています。そのデータをもとに作成された標準値を参考にし、自社を他社と比較することができます。
  • 離職率が低くなる
    モラールサーベイの実施による満足度の向上は、企業への帰属意識につながり、結果として離職率を低下させる効果が見込めます。

 

モラールサーベイの効果の活用事例

実際にモラールサーベイを活用して、様々な効果を得た以下のような事例があります。

コミュニケーション不足の解消

モラールサーベイを実施した企業Aでは、コミュニケーション不足と情報共有の方法に不満が多く集まりました。これを解決するため、情報共有の仕方が見直しされ、連絡事項に関しては上司だけで解決するのではなく、部下も含め議論を進めるようにすることでコミュニケーション不足の解消を図ることとしました。また、紙媒体やメールを使うなど情報共有手段を増やした結果、職場のコミュニケーションが活発になり、情報の共有漏れが減ったといいます。

賃金体系の向上・労働時間の短縮

モラールサーベイを実施した企業Bでは、成果型の賃金体系と残業時間に対して不満が多く集まりました。若年層には年功賃金制が必要であることと、無駄な作業が多いことが指摘されましたが、労務部や経理部の人は現場から離れているため、この問題に気づくことが難しかったといいます。しかし、このような指摘により、若年層への年功賃金制の導入と業務内容の見直しを行うことが可能になり、結果として従業員の会社への満足度が高まり、生産性の向上につながりました。

 

モラールサーベイ実施時の注意点

モラールサーベイを実施する際、社員の潜在的意見や本音を聞き出すためには以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 目的を明確化する
    社員にとって、モラールサーベイは勤務時間を削って行うものであるため、目的が明確でない場合は有効な回答が得られない可能性があります。そのため、事前にモラールサーベイの重要性を伝え、目的意識を共有した上で回答を得ることが望ましいです。
  • 匿名性の保持
    社員によっては、上司や同僚に自分の回答を見られることに抵抗があることも考えられます。社員の本音を聞き出すためには、匿名性と秘密保持を徹底し、それを社員に認識してもらう必要があります。
  • ビジネス口調を避ける
    ビジネス口調での質問の場合、社員の本音が回答として得られないことが考えられます。対話を意識した質問形式にすることで、社員の本音をうまく引き出しましょう。

 

まとめ

モラールサーベイは、会社の抱える問題点を改善し、従業員満足度を向上させる機会になりえます。社員同士のコミュニケーションが少ない、離職者が増えているなどの問題がある場合は、本記事で解説した注意点を意識してモラールサーベイを実施してみてはいかがでしょうか。

こちらも読まれています:

*somu-lier(ソムリエ)では書き手を募集しています。
この記事が気に入ったら いいね!しよう
somu-lierから最新の情報をお届けします

この記事に関連する記事