いま改めて注目したい!東京都内で快適に働けるコワーキングスペース3選

カテゴリ:
公開日:2022.8.10

最近ではヤフー株式会社やNTTがコワーキングスペースを提供しており、注目を集めています。また、オフィスに出社せず、テレワークにシフトする企業が増加しており、テレワーク時にもコワーキングスペースは有用です。今回はコワーキングスペースの概要や利用のメリット、改めていま注目したい東京都内で快適・おしゃれに働けるコワーキングスペース3つについて解説します。

コワーキングスペースを活用して働こう

コワーキングスペースとは

コワーキングスペースは、複数の企業がフリーアドレス形式で利用するオフィスです。特に、利用者間の連携や交流を促す特徴的な機能・空間等を有するオフィスあるいはスペースを指します。仕事場として活用できるという点に加え、利用者間の連携や交流を促す機能が付随している点が特徴です。

シェアオフィスとの違い

複数の企業がフリーアドレス形式で利用するという点においては、コワーキングスペースとシェアオフィスで共通しています。しかし、活用目的に違いがあります。コワーキングスペースは、参加者同士がコミュニティを形成することに重点を置いているためオープンスペースが主流です。一方、シェアオフィスは作業の場としての活用を重視しているので、作業に集中しやすい個室や半個室のような占有スペースが主流になっています。

コワーキングスペースが注目される背景

新型コロナウイルス感染症の流行の影響や働き方改革による多様な働き方、ワークライフバランスの実現の手段として、近年テレワークやリモートワークを導入する企業が増加しています。しかし、自宅に作業場所を確保できない、ネット環境を整えることができないといった理由から、テレワークへの対応が困難な社員も少なくありません。そのため、低コストですぐに利用を開始できるコワーキングスペースが注目されるようになりました。

   

コワーキングスペースを利用するメリット

オフィスの費用とスペースを削減できる

コワーキングスペースを利用することで、オフィスの費用やスペースを削減できます。仮にマンションの1室を作業場として利用すると、賃貸料や光熱費、通信設備費などのランニングコストがかかります。コワーキングスペースの場合は、一般的に継続利用だけではなく時間単位での利用プランが設けられているため、コストを抑えて用途にあわせた柔軟な利用が可能です。

設備が充実している

テレワーク下で快適に仕事をするためには、作業に適した椅子や机はもちろん、高速インターネット環境やデュアルディスプレイ用のディスプレイなどの設備が必要です。しかし、全てを一から揃える場合、膨大な初期費用がかかり大きな負担になります。コワーキングスペースでは、設備投資をせずに安価な利用料で活用できるため、無理なく作業環境を充実させることができます。働きやすい環境を整えることで、作業効率の向上やモチベーションの向上にもつながるでしょう。

ビジネスチャンスを創出できる

コワーキングスペースは、様々な業界の人と交流できる機会があるため、新しいビジネスチャンスの創出につながる可能性が高いこともメリットです。場所によっては、起業のコンサルテーションを提供している施設もあります。

   

東京都内で快適に働けるコワーキングスペース3選

TOKYOシェアオフィス墨田

TOKYOシェアオフィス墨田は、東京都墨田区にある、公益財団法人東京しごと財団が運営しているサテライトオフィスです。都営浅草線・大江戸線・東京メトロ銀座線の3路線を活用でき、駅から10分程度でアクセスできる利便性の高い場所にあります。TOKYOシェアオフィス墨田では、先端技術を利用した働き方のアップデートと職住近接やテレワークの活用によって、ライフとワークをともに充実させることを目指しています。そのために、単に仕事の場を提供するだけでなく、先端技術を活用したスマートワークやテレワークの生産性を高めるアクティビティ体験といったセミナーも提供している点が特徴です。設備としては時間単位で利用できるフリーアドレススペースや半個室ブース、レンタルオフィス、会議室、4K映像をオンライン配信できるスタジオや、3Dプリンタや各種工具をそろえた工房などがあります。

いいオフィス上野新御徒町

いいオフィス上野新御徒町は、東京都台東区にあるコワーキングスペースで、株式会社いいオフィスが運営しています。イチホテル上野新御徒町店内1階のダイニングルーム「EASY POINT」をコワーキングスペースとして活用できるので、落ち着いた空間で集中して作業を行えます。いいオフィスの最大の特徴は、全国に約700ある店舗の中から、自分の好みの店舗をいいオフィスのスマートフォンアプリから選んで予約・利用できることです。アプリの会員登録は無料で、当日申し込みをして時間単位で利用できるドロップインから、月額制で法人登記やロッカーの利用ができる月額契約サービスまで用意されているので、ニーズに応じた柔軟な利用ができます。

.andwork shibuya

.andwork shibuya(アンドワーク渋谷)は、株式会社グローバルエージェンツが運営するホテル一体型コワーキングスペースです。渋谷の他にも全国に6店舗が展開されており、オフィスでもカフェでも自宅でもない、適度な緊張感と心地よさを兼ね備えたオフィスのサード・プレイスをコンセプトとしています。利用手続きはすべてオンラインで完結し、無料の会員登録の後は予約時に発行されるQRコードをフロントで提示するだけでチェックインができるので、気軽に使える点がメリットです。料金プランとしては、時間単位のドロップインまたは月額制のマンスリーがあります。

関連記事:
「お試しサテライトオフィス」を活用し、テレワークの実施を検討してみませんか?
テレワークで発生するコストは経費の対象?対象項目や計上方法について詳しく解説します。
社内にオフィス・スタジオを設置してエンゲージメントを向上

まとめ

テレワークの普及とともに、コワーキングスペースが注目を集めています。コワーキングスペースであればオフィス環境として使用するために必要な設備がそろっており、コストを抑えてすぐに利用できるので、自宅でテレワークを行うことが難しい人にはおすすめです。また、利用者間の交流から新しいビジネスチャンスが生まれることも期待できます。東京都内には便利で画期的なコワーキングスペースが多くあるので、コワーキングプレースを活用して新しい働き方を実践してみてはいかがでしょうか。

こちらも読まれています:

この記事が気に入ったら いいね!しよう
somu-lierから最新の情報をお届けします

この記事に関連する記事