コンプライアンス研修とは?研修に取り入れるべきテーマとともに解説

カテゴリ:
tag:
公開日:2024.6.6

コンプライアンス研修とは、社員一人ひとりが社会人としての規範や倫理観を養い、ルールを守る意識を高めるために実施される研修のことを指します。コンプライアンス研修のテーマとして、ハラスメント対策が挙げられます。「自分の行動がハラスメントに該当すると思わなかった」という事態を防ぐためにも、研修を通じて社会人としての倫理観を養いましょう。また、研修を通じて情報リテラシーを高めることで、情報セキュリティー対策にもつながります。

    

コンプライアンス研修が必要とされている

コンプライアンス研修とは

コンプライアンス研修とは従業員や組織の法令や規律などの違反を防いで、業務に関連する法律や規則などを身につけるために実施される研修のことです。そもそも、コンプライアンスとは法令遵守を意味する言葉ですが、コンプライアンス研修ではより幅広い内容がカバーされます。例えば、自分の仕事などに関連する法律や規制について学べるだけでなく、社会人としての規範や人としての倫理観を養うために実施されるケースが一般的です。コンプライアンス違反で生じるマイナスの影響は大きいため、従業員に教育するために研修を実施する企業が増えています。

コンプライアンス研修の目的

コンプライアンス研修の大きな目的はリスクマネジメントです。コンプライアンス違反を防ぐためには、コンプライアンスの基礎的な知識やケーススタディが欠かせません。研修でコンプライアンス違反に該当する行動や言動を具体的に説明することで、問題が発生するリスクを軽減できます。もし、コンプライアンス違反が起こってしまったら法的な罰則や罰金が科せられる恐れがあるだけでなく、企業は社会的信用も失ってしまう危険性があるのです。そうしたリスクを少しでも減らすために、コンプライアンス研修は重要な役割を果たします。

コンプライアンス研修の必要性が高まった背景

コンプライアンス研修の必要性が高まっており、主な具体的な背景としては以下が挙げられます。

  • 企業の不祥事が増えている
  • デジタル化によって情報漏洩のリスクが高まっている
  • SNSの普及によって企業の不正が拡散される恐れがある
  • 企業の問題に対する世間の目が厳しくなっている

もし、従業員のコンプライアンスに対する知識不足や、不正や違反が常態化した環境が職場にあるとしたら大きな問題に発展する恐れがあります。健全な企業活動を継続させるためにも、コンプライアンス研修の重要性が増しているのです。

関連記事:
フォローアップ研修とは?研修の目的やメリットを導入事例とともに解説します!
絶対に気をつけたい、コンプライアンス違反の事例をご紹介
モチベーション研修とは?目的や方法を詳しく解説!

コンプライアンス研修で取り入れたいテーマ

ハラスメント

そもそも、ハラスメントとは人に対する嫌がらせやいじめなどの迷惑行為を指す言葉で、セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント・マタニティハラスメントなどが代表例です。こうしたハラスメントは多くの職場で大きな問題となっており、コンプライアンス研修では以下のような関連する教育を実施できます。

  • ハラスメントの概要
  • 関連する法律
  • 社内規程
  • ハラスメントの予防策
  • ハラスメント発生時の対処方法

ハラスメント問題を放置してしまうと、職場の雰囲気や生産性などに悪影響を及ぼしかねません。コンプライアンス研修で従業員のハラスメントについての理解を深められれば、問題発生が抑制されて職場環境の改善につながります。

ダイバーシティ

ダイバーシティとは多様性を意味する言葉で、性別・人種・宗教・価値観などの異なる属性を持った人々が組織や集団で共存している状態を示します。コンプライアンス研修で従業員のダイバーシティに関する知識や理解を深めることは、多様性を尊重して差別のない職場環境を整備できるようにするだけでなく、企業の持続的な成長を実現するためにも不可欠です。女性・外国人・シニア人材・障害を抱える方など、幅広い人材が持っている能力を最大限に発揮して働けるようにダイバーシティの教育をコンプライアンス研修で進めましょう。

著作権

著作権とは著作物を保護するための権利のことです。著作権があることで著作物の違法コピーや無断利用などを防げます。インターネットが当たり前になりSNSや動画共有プラットフォームなどが普及したことによって、著作権は私たちのより身近な問題になりました。こうした現代社会において著作権に関連した知識が不足していると、思わぬ行動が損害賠償や名誉回復措置などに発展してしまう恐れが高まってしまいます。そのため、著作権で保護されている内容や違反した場合の罰則など、コンプライアンス研修で基礎知識を学ぶ取り組みが大切です。

   

コンプライアンス研修を成功させるポイント

階層別に実施する

コンプライアンス研修は従業員の階層別に実施してみましょう。企業に勤める同じ従業員といっても、新入社員と管理職では行うべき業務や立場が全く異なります。一般的に役職が上がれば責任範囲も広くなるため、直面する可能性のあるコンプライアンスに関連する問題も多くなるのです。そのため、従業員の階層別にカスタマイズしたコンプライアンス研修を実施できると効果がアップします。例えば、新入社員にはコンプライアンスの基礎的な内容を伝え、管理職にはリスクコントロールやコンプライアンスに対応した組織構築方法などの研修を実施してみましょう。

継続して取り組む

コンプライアンス研修は継続した取り組みが大切です。継続的に従業員への学びの場を提供することで、コンプライアンスへの高い意識をキープすることができます。コンプライアンス研修で1回学んだからといっても、すべての従業員の行動を変革できるとは言い切れません。そのため、定期的に研修を実施することで、組織としてのコンプライアンスに対する意識を強化できます。注意点としては単に同じ内容のコンプライアンス研修を行うのではなく、具体的な最近の事例などを取り上げて従業員の関心を得られるように工夫しましょう。

eラーニングを活用する

eラーニングも活用してコンプライアンス研修を実施してみましょう。対面での研修は高い効果が期待できますが、長期的な観点ではその場のみの学びになってしまう恐れがあります。そうした際にオンラインでのeラーニングを活用できれば、効率的に継続した学習を提供することが可能です。eラーニングであれば一人ひとりの理解度にマッチするコンテンツを提供でき、研修後の反復学習も各自のペースで実施できます。対面でのコンプライアンス研修と並行して、eラーニングの導入も検討してみましょう。

     

まとめ

コンプライアンスは現代社会で企業活動を継続させるうえで、重要なキーワードになっています。コンプライアンスの意識が不足していたり、問題のある行動が放置されていたりすると、大きな社会問題に発展してしまいかねません。周囲からの信頼を獲得して企業に対する健全なイメージを保つためにも、従業員にコンプライアンス研修を実施してみてはいかがでしょうか。

こちらも読まれています:

この記事が気に入ったら いいね!しよう
somu-lierから最新の情報をお届けします

この記事に関連する記事