社内ハラスメントを無くしましょう! 防止策まとめ

カテゴリ:コラム 投稿日: 2018.6.19 tag: , ,

職場におけるハラスメントは企業そのものの風紀を乱し、社会的評価を下げてしまうだけでなく、従業員の働く環境を悪化させてしまいます。ハラスメントにはセクハラ、パワハラ、時短ハラスメントなど様々な種類があり、それぞれについて防止策を取る必要があります。今回はハラスメントの種類と防止策について解説していきます。

社内ハラスメントの種類

まずは、社内で行われる可能性のあるハラスメントの種類について認識しましょう。主なハラスメントは以下の5つです。

セクシュアルハラスメント

セクシュアルハラスメントには以下の2つのパターンがあります。

  • 対価型
    1つめは対価型と呼ばれ、職場において相手の労働者の意に反する性的な言動を行い、それに対する反応次第で、仕事上不利益な状況へ追い込むというパターンです。たとえば、上司が部下へ性的要求をしたが、部下は拒否したので部下の給料を下げるというようなことがあります。
  • 環境型
    2つめは環境型と呼ばれ、職場において相手の労働者の意に反する性的な言動を行い、相手方にとっての職場環境を悪化させることを指します。たとえば、上司が部下の身体をたびたび触るため、部下は職場環境を不愉快だと思い本来の能力が発揮できなくなるというようなことがあります。

モラルハラスメント

モラルハラスメントとは、相手の労働者に対してその人格や尊厳を侵害するような行為を行うことによって、肉体的・精神的に苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりすることを指します。たとえば、明らかに聞こえているのに無視をするといったようなことや、陰口をたたくといったようなことなどがあります。

パワーハラスメント

パワーハラスメントとは、職場での地位や権限の優位性を背景として、業務の適正な範囲を超えて人格や尊厳を侵害する行動を行うことによって、相手の労働者に対して肉体的・精神的に苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりすることを指します。モラルハラスメントと似ていますが、職場での優位性を利用する点が違います。たとえば、明らかに達成不可能な仕事を押し付けることや、「お前は給料泥棒だ」などといった暴力的な言葉をぶつけることなどが、パワハラにあたります。

時短ハラスメント

労働時間の短縮を部下に丸投げするようなことを時短ハラスメントと言うことが増えています。たとえば、上司が部下に対して「従来通りの成果を出しながら労働時間を10時間減らせ」のように強引な指示を出すものの、具体的な時間短縮の改善策は提示しないことなどがあげられます。

マタニティハラスメント

妊娠や出産、育児休業等を理由に、労働者に対して肉体的・精神的に苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりすることをマタニティハラスメントといいます。たとえば、妊娠や出産を理由にして退職や異動を命じたり、妊娠や出産に関する暴言をはいたりするようなことがあります。

関連記事:
気をつけて!これだけあります、職場のハラスメント①
気をつけて!これだけあります、職場のハラスメント②
あなたの会社は大丈夫?―不合理な残業削減による「時短ハラスメント」

 

社内ハラスメントの防止策

相談窓口の設置

まずは、ハラスメントが起こった際に被害者が相談できる環境を整備しましょう。相談窓口から、ハラスメントを調査するチームとも連携できるようにするとなお良いです。相談窓口は匿名性を厳重に保護することに注意する必要があります。
社内相談窓口を設置することによって、加害者はハラスメントの事実が企業内で知られて自分の立場が揺らぐのを恐れるため、ハラスメントの抑止力となると考えられます。

加害者の懲戒規定の作成

ハラスメントの加害者への懲戒規定を定めることによっても、ハラスメントを抑止することができます。厳しい懲戒規定を設けることによってハラスメントに対する厳格な態度を示すことができるので、態度表明として懲戒規定を利用することも頭に入れておきましょう。

教育・研修

ハラスメントは厳密に定義された言葉でないので、どのような言動がハラスメントになるのかわからない社員もいるでしょう。そのため、ハラスメントに関する講習会を開催することが望まれます。このときに映像教材を利用すると、現実でのイメージがわきやすくより効果的であるとされています。
また、以上で示した企業のハラスメントへの対策を情報共有することもハラスメント対策になります。社内報などで、定期的にハラスメントの注意喚起を促したり、懲戒規定の再確認をさせたりすることは有効な防止策です。

自主点検

企業内でハラスメントに関するアンケートを定期的に実施すると、普段は言いにくいような意見を吸い上げられたり、職場の現状把握ができたりなど、ハラスメント対策に役に立ちます。また、気が付かないうちにハラスメントを行っている可能性もあるため、自分の行動がハラスメントにあたるかどうかをチェックするリストを共に配布すると良いでしょう。

関連記事:
【平成29年1月~】マタハラ防止措置が義務化されます
【平成29年1月~】改正セクハラ指針が施行されます―LGBTなど性的少数者に対するセクハラにも対処が必要です―
大幅な残業削減の弊害? 各地で持ち帰り残業が急増中

 

まとめ

今回は、社内ハラスメントについて解説してきました。ハラスメントという言葉は知っているけれども、どこからがハラスメントなのかわかっていないという人が多いのが現状です。ハラスメントの基本的知識の共有と、企業が行うハラスメント対策の周知徹底を行うようにしましょう。

こちらも読まれています:

*somu-lier(ソムリエ)では書き手を募集しています。
この記事が気に入ったら いいね!しよう
somu-lierから最新の情報をお届けします

この記事に関連する記事