最低賃金「現行水準の維持が適当」――中賃審が答申

公開日:2020.7.27

 地域別最低賃金引上げ額の目安示さず――厚生労働大臣の諮問機関である中央最低賃金審議会は、令和2年度地域別最低賃金について、「引上げ額の目安の提示は困難」とする答申を行った。「現行水準の維持が適当」と指摘している。

 引上げ額の目安を提示しなかったのはリーマン・ショック後の平成21年度以来。

 今後、各地方最賃審議会で調査審議と答申を行い、各都道府県労働局長が地域別最賃額を決定する。

*somu-lier(ソムリエ)では書き手を募集しています。
この記事が気に入ったら いいね!しよう
somu-lierから最新の情報をお届けします

この記事に関連する記事