【あしたのチーム総研レポート】「“従来の成果主義“に替わる、今必要とされている”“新しい成果主義”を考える」 ~納得できる目標設定で納得できる成果主義の評価を得る~

カテゴリ:総務のおいしい話 投稿日: 2016.9.12 tag: ,

1.「“従来の成果主義”に替わる、今必要とされている“新しい成果主義”を考える」

(1)「成果主義」は悪だったのか~「大手製造会社F社の失敗」から~

私たちが「成果主義」と聞いてあまり好印象を受けないのは、かつて成果主義を導入したことで、あの大手製造会社F社が「負け組」とまで呼ばれた過去があるからかもしれません。確かにF社は成果主義導入後、一気に業績が悪化しました。しかし、その原因が成果主義の導入だと結論付けるには早すぎます。なぜなら、F社へ業績不振いう結果をもたらしたのは、F社が「日本の製造業」であり「日本的雇用形態の大企業である」ことと、成果主義が「ショートスパンでの結果評価」だったことの取り合わせにあるからです。

それまでF社はじめ日本の製造業は、じっくりと時間をかけてヒトとモノを成長させ、長期的な視点での製品開発によって「Made in Japan」のクオリティを生み、世界的な評価を得てきました。それはそのまま業績となり、彼らを一流企業へと押し上げました。

ところが、成果主義の評価サイクルは、彼らの「長期的な視点」と真逆のものでした。ショートスパンで利益を出し評価する成果主義では、長期的な人材の育成も製品の開発も待ってはくれません。これにより、F社の社員は近視眼的発想に流れざるを得なくなり、その結果、当初の「Made in Japan」を生み出すことができない、すなわちヒット商品を生むことができず、業績不振へと陥りました。

 

この記事の続きを読む

こちらも読まれています:

*somu-lier(ソムリエ)では書き手を募集しています。

この記事に関連する記事

【あしたのチーム総研レポート】なぜ人は会社を辞めるのか? 離職の原因は「給与と頑張りの連携がないこと」への不満か!? ~中小企業の人事に関する調査~

【人事必見】ユニークな会社説明会にいかが? 使えるレンタルスペース/貸し会議室8選 ~東京23区編~

自社の秘密を守る!NDA(秘密保持契約)締結のポイント

IT導入補助金を活用し、経営力を強化しましょう!二次公募は、6月30日までです!