民事上の個別労働紛争相談件数などが過去最高に!!

カテゴリ:コラム 投稿日: 2012.6.1 tag: ,

個別労働紛争を解決する裁判のアイコン 民事上の個別労働紛争相談
平成24年5月29日に厚生労働省より、「平成23年度個別労働紛争解決制度施行状況」が発表になりました。

民事上の個別労働紛争相談件数、助言・指導申出件数が過去最高

  • 総合労働相談件数は、前年度比で減少したものの、4年連続で100万件超。高水準を維持。
  • 民事上の個別労働紛争に係る相談、助言・指導申出件数は制度施行以来増加傾向にあり、いずれも過去最高を記録。
  • あっせん申請受理件数は昨年度と較べて微増。

平成23年度の相談、助言・指導、あっせん件数

総合労働相談件 110万9,454件(前年度比 1.8 %減)
民事上の個別労働紛争相談件数 25万 6,343件(前年度比 3.8%増)
助言・指導申出件数 9,590件(前年度比 24.7%増)
あっせん申請受理件数 6,510件(前年度比 1.9%増)

総合労働相談件数及び民事上の個別労働紛争相談件数の推移
総合労働相談件数及び民事上の個別労働紛争相談件数の推移

紛争内容は『いじめ・嫌がらせ』が増加するなど、多様化の傾向

  • 『いじめ・嫌がらせ』などが増加。
  • 『解雇』に関する相談が減少。
  • 紛争内容は多様化。

迅速な手続を実現

  • 助言・指導は1カ月以内に96.8%、あっせんは2カ月以内に94.5%が手続を終了している。

『簡易・迅速・無料』という制度の特徴を活かした運用がなされている。

この記事に関連する記事

photo_Top

【シリーズ】就業規則の隠れた意味4:正しく知らないと人件費の増大に。労働法上の「休日」とは?

育児中に赤ちゃんに微笑むかけるお母さん

(H23年度報告書)育児休業や介護休暇、取得の実態はいかに?

オフィスで微笑む女性

【シリーズ】事例で解説!就業規則の隠れた意味2:就業規則は労働条件の最低ライン

総務でも確定申告を理解すべき!? 社員が副業する時代!総務が知っておくべき確定申告の知識とは?

総務でも確定申告を理解すべき!? 社員が副業する時代!総務が知っておくべき確定申告の知識とは?