残業割増賃金の計算から除外できる手当があるって知ってる?

カテゴリ:コラム 投稿日: 2012.4.25 tag: , ,

残業でなかなか帰れない会社員

名称で判断して、計算の基礎から除外していませんか?!

労働基準法では、法定時間を超えて労働させた場合もしくは、法定休日に労働させた場合には、通常の賃金計算に対してある一定の率で割り増した賃金を支払わなければならないことになっています。

割増賃金の計算においてその基礎には、すべての賃金を含めなければなりませんが、除外できる手当があります。

割増賃金の計算式

月給者の場合、時間外労働の賃金は次のように計算します。

  • 1時間あたりの単価=【基本給+諸手当】/月間所定労働日数
  • 割増賃金=1時間あたりの単価×時間外労働時間数または休日労働時間数×1.25(時間外労働の場合)

残業単価の計算の基礎から除外できる手当

原則は、基本給とすべての手当を計算の基礎に含めなければなりませんが、次の7種類の手当については、計算の基礎から除外できます。

  • 通勤手当
  • 別居手当
  • 子女教育手当
  • 住宅手当
  • 家族手当
  • 臨時に支払われた賃金
  • 1ヵ月を超える期間ごとに支払われる賃金

注意が必要な項目

除外できる手当であるということで、名称のみで判断し、除外して給与計算を行うことはリスクが伴います。特に「住宅手当」「家族手当」は、内容の吟味が必要です。

住宅手当

下記の例のように、住宅に要する費用に応じて算定されたものは除外対象となります。

  • 賃貸住宅の場合 → 毎月負担の家賃額の○%など
  • 持ち家の場合
毎月の負担額 手 当
~5万円 2万円
5万円〜10万円 3万円

一律○○円、自宅○円・貸家○円などの住宅手当は残業単価の基礎から除外できません。割増賃金の基礎に含めていない場合は、未払い賃金となります!!!

家族手当

下記の例のように家族の人数に応じて支給されている場合は除外対象となります。

  • 配偶者○円、子ども一人につき○円など

単身者○円、世帯主○円のような家族手当、扶養家族3人まで○円、4人以上○円のような家族手当は残業単価の基礎から控除できません。割増賃金の基礎に含めていない場合は、未払い賃金となります!!!

 

クラウド型勤怠管理ソフトで「バックオフィス業務の効率化」

「月末の集計作業が大変」
「打刻漏れの対応が面倒」

勤怠管理業務において、上記のようなお悩みを抱えている総務担当社の方も多いのではないでしょうか?

ソニーネットワークコミュニケーション株式会社が提供する「次世代勤怠管理システムAKASHI」は、下記のような特徴があるサービスです。

・パソコンやスマートフォンなど、マルチデバイスに対応
・優れたUI UXで誰でも簡単操作
・チャット機能を使った充実したサポート体制

また、社会保険・雇用保険の手続きを自動化するクラウド人事労務ソフト「SmartHR」やクラウド型給与計算ソフト「MFクラウド給与」と連携しているため、これらのサービスをすでに導入している企業にとっても、これから導入を検討する企業にとっても、使いやすくて便利なサービスです。

今なら、AKASHIのサービスを最大30日間無料でお試しいただける無料トライアルを実施していますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

こちらも読まれています:

*somu-lier(ソムリエ)では書き手を募集しています。
残業でなかなか帰れない会社員
この記事が気に入ったら いいね!しよう
somu-lierから最新の情報をお届けします

この記事に関連する記事